2 12月
youme11

夫婦というのは、もとは他人同士です。
育った環境も全く別の人間です。
そういった二人が一緒に生活するとなると、必ずしも許せなくなる場面があると思います。
当たり前の事なのですが、十人十色、性格があるように、自分とは別の人間と暮らすのです。
そういった衝突は当たり前です。

いくら相手に怒りを覚えようと、簡単に別れる訳にはいかないのも夫婦です。
たまには労わってあげたり、労わられたりと、相手の事を考えて行動するのが円満の秘訣だと思います。
いつも衝突しあっていると、結果、別れなければならなくなってしまいます。

人の事を考えて行動する。
嫌なことはしない。
たまには相手が喜ぶようなことをする。
こういったことが円満につながっていくのではないでしょうか。

いつもじゃなくてもいいです。
逆にいつも出来たらすごいです。
たまにでいいので、相手の事を思いやり、労わり、尊敬することも大事なのではないでしょうか。

興奮する媚薬を使うことなく、いつまでも円満でいられることって素敵な事ですよね。

comments

7 11月
youme11

わたしがお金が欲しいなと思うようなときとは、ちょっと前々から欲しかったものが安くなっていた時です。
インターネットなどで色々とショッピングのために検索していると、こういったものが欲しいなというようなことを考えてしまいます。

普段ですと、あまり浪費をするようなことはありませんし、お金を節約しようとするために一定額以上は使いません。
そういったときには、買うのをためらってお気に入りに入れる程度です。

ですが、安くなっていたら別です。
期間限定だと特に買いたくなります。買いたいためにお金を工面しようとするのですけど、
そういったときに限って予算以上にお金を使ってしまう懸念があるから、貯蓄してあるお金を利用することが出来ないものです。

そんな時のために、普段からちょっとずつ副業のライターやポイントサイトでためたお金を工面して出すようにしています。
ちょっと出金までに手間がかかるときもありますが、早ければ3,4日くらいでお金を出せますので
そのお金で一部もしくは全部の金額を払うことをして、ほしいものを手に入れています。

それでも足りない時には、翌月分の使用できる金額を減らしてその時に買うことが多いです。
今のところは貯蓄もありお金には余裕があるので、借金をしてまで欲しいものを買うことはありません。

こんな感じで、急に欲しい商品が出てきたときには、本業とは別のところで獲得した資金でほしいものを手に入れる様にしています。

comments

14 12月
youme11

もうすぐお正月がやってきます。
今年も実家に帰省する予定なのですが、毎年の恒例になっているのが「お取り寄せおせち料理」です。

私が大学生の頃までは、母も帰省する私に手料理を食べさせようと、母の手作りのおせち料理を作っていました。

もちろん、母が一人で作るので、豪華な物ではなく素朴なおせち料理でしたが、毎年その味を楽しみに帰省していました。

そんな我が家が、お取り寄せおせちを注文するようになったのは、弟や妹が結婚し、お正月になると親戚が集まるようになったことがきっかけでした。

やはり母は、お客さんに粗末な物は出せないと考えたようで、せっかく遊びに来てくれるのだから、おいしいものを食べさせようと思ったようです。

そのようなきっかけだったのですが、今となっては「今年はどんなおせち料理なのかな?」と考えるほど楽しみな我が家の恒例行事になりました。

材料を集める時間や仕込みの時間の事を考えれば、多少お金がかかってしまっても、お取り寄せおせちはお得なのかもしれません。

今年はどんなおせち料理なのか、今から帰省するのが楽しみです。

あとは、やっぱり「かに」ですね♪今は通販なら翌日配達もしてくれますから食べたくなったらポチリます。(笑)

こちら⇒http://かに通販翌日配達.net/

comments

11 5月
youme11

結婚式の費用、私たち夫婦は100万円ほどに抑えることで解決しました。
親や親戚を頼るつもりはありませんでした。

そもそも結婚式なんて必ず行わなくてはならないものではないのですから、借金までしてする価値はないと思います。
立場上豪華な式を挙げなければならない人もいらっしゃるでしょうが、おそらくそういった方たちはお金に困っている立場ではないでしょうし。

夫婦でどんな式をしたいのか、誰に一番祝ってもらいたいのかを話し合えばそれぞれの結婚式の挙げ方というのが見えてくるのではないでしょうか。
私は一応女の夢として、綺麗なドレスを着たいというのがベースにありました。
ドレスは妥協したくない、でもその代わり一着でいいと思ったのでお色直しはアクセサリーなどを駆使していただいて、ドレスは買えずにアレンジだけ変えてもらいました。
そのほうがウエディングドレスをずっと着れて幸せでした。

式場はいろいろまわりましたが、とてもおいしく雰囲気の良いレストランウエディングにしました。
私が今まで御呼ばれした中で、印象に残っている式場ってやっぱりご飯のおいしいところだったからです。
レストラン貸切で一日一組限定で行ってくれるところなので、他のカップルとバッティングすることもなくとても丁寧に対応してもらいました。
その上、二次会も同じ会場で行うことでウエディングドレスをそのまま着付けてもらうことができ、一日中幸せでした。

貯金は一時的にすっからかんになりましたが、お祝儀である程度かえってきますからとりあえず出すことができたら大丈夫です。
あとは席次表手作りしたり、キャンドルも自分たちで用意するなど節約できるところは節約したらとても暖かい雰囲気の良いお式を行うことができました。

貯金がまったくないのなら無理ですが、少しがんばってお金を貯めてからその中でできることを模索したほうが自分たちらしい良いお式ができると思います。

PR:高松市の婚活 婚活は地域密着でやるのが一番ですよね。香川県高松市にはラブ婚かがわというのがあります!ネットもいいけどやっぱり地元で活動したいです!

comments

9 5月
youme11

結婚するまではお父さんに誕生日プレゼントってあげたことがありませんでした。
いつもお母さんと一緒に、お父さんの誕生日をお祝いしていて、プレゼントも共同で買っていたからです。

それで、結婚して初めて私一人でお父さんへの誕生日プレゼントをえらぶことになりました。
正確には一人じゃないです、夫との連名でプレゼントすることにしました。

一緒に暮らしていたら、今何が足りないか、とか何が古くなっている、とかわかるけれど、離れて暮らすとわかりにくいですね。
なので、毎年お父さんの大好きなウイスキーをプレゼントすることにしました。
私だけでなく、姉も同じことを考えていたようで、父の誕生日には毎年2本ウイスキーが届くそうです。

毎年のことなので、父はウイスキーが届くのを心待ちにしているみたいです。
誕生日が近づくと、自分ではウイスキーを買いに行かず、宅急便をひたすら待っている、と母に聞かされました。
毎年同じもので芸がないかな…と心配になりましたが、あれ以上の贈り物はない、と母に太鼓判を押されたので、安心して送り続けています。

comments

12 3月
youme11

去年、子供が入学式でした。

どうしていいかわからず、入学式に出た方に聞いたのが、春らしい入学式ママスーツとのことでした。

卒業式などと違って、肌寒いですが、もう春。桜が咲くころなので、余りに冬を感じさせるものは重たく見えます。
たとえばツイードなどは冬素材なので、その場合はあまりブラックやブラウンなどの色の面積が多くないもの。
色がブラックやグレーなどの場合は、春っぽい薄めの素材のものを。

また、卒業(卒園)式と入学式と一度期にでることが多いので、アクセサリーを変える。
元々ジャケットにワンピーズとスカートが付いているものにする。
などのアドバイスがありました。

私は、ベージュの薄めの素材のスーツに、卒園式はブラックの網タイツと、靴と、ブラックパールのネックレス。
入学式には、ナチュラルなラメのストッキングと、ホワイトパールのネックレス、
ベージュのコサージュに靴で、雰囲気を変えました。

ほとんどの方がスーツでの出席で、やはりフォーマルな場にはそれなりの服装で行かなくてはならないと思います。
その上で、春らしさをプラスするのが、賢いママだと思います。

comments

11 3月
youme11

入学式で良く見かけるのは、パステルカラーのセットアップスーツ。

3月になるとイオンや街のスーパーでも手頃な価格で販売されますがそれらに飛びつくと同じものを着たお母さんと鉢合わせて恥ずかしい思いも。

そして、パステルカラーのスーツって普段着として利用しにくいです。

なので私はベージュのノーカラージャケットにグレーのタイトなワンピースを合わせました。ジャケットは一番目につくものなので、少し良いものをアウトレットで購入しました。胸元はインターネットで購入したブルーの花飾りをつけ華やかに。
当日は周りと違和感なく春らしいコーディネートになったと思います。入学式が終わった後も、ジャケットはデニムに合わせて着る事も出来、事業参観などちょっと着飾る機会に使えます。

ワンピースはもともと普段着に使えるものなので、お洒落をして出かけたいときに利用しています。ワンピースも今はタイトなものが体系を細く見せてくれるし流行も感じられて良いと思います。

comments

25 2月
youme11

私は以前結婚式の二次会の景品で「アロマディフューザー」をもらった事があります。忘年会では「アロマキャンドルセット」をもらった事もあります。別の忘年会では「クッション形のマッサージ機」でした。

何だか全ておしゃれなアイテムだし、でも自分で積極的に買うものでもなかったのでもらえてとてもうれしかったです。自分で買えるけど絶対必要じゃないしちょっと値段も高いから買えないなぁというようなおしゃれな雑貨などが女性は喜ぶと思います。

実際私の友人や知人年齢問わずこういった商品を贈ったときは部屋に飾ってもらえるほど喜んでもらえている傾向にあります。

そして私の旦那は男性目線での意見として「食べて無くなる物」が嬉しいそうです。ちょっといいお肉やお魚、有名なお菓子屋さんの詰め合わせなどなど。変わり所で「宝くじ30枚」などという遊び心がある景品もあったそうですが。

例えばこういう景品ですね。 ⇒ 結婚式二次会の景品なら高級グルメの目録が喜ばれます

冠婚葬祭などでもらう商品カタログ形式のもっと簡易的な食べ物限定のカタログもあるそうなのでそういったものは女性の私でもとてもうれしいです。選べるタイプは誰にでも喜ばれるんじゃないかと思います。

comments

30 1月
youme11

結婚してからずっと父の日にあげています。
毎年大変ですけど、違うものをあげるようにしています。
有名なお酒をあげたことがありました。
毎日晩酌をするわけでないですけど、チビチビ飲んでいるような状況です。
とても喜んでくれたのを今でも覚えています。
それは結婚してはじめての年にあげました。
それからは父に直接何が欲しいか聞いたり、私が考えたりという形です。
昨年は長時間車運転することが多かったで、疲れにくい車にセットするシートを買ってあげました。
母が遠くの病院に通院にすることになって、とてもうれしいものだと喜んでくれました。
今年は何にしようか考えていますが、まだ具体的な考えは思い浮かびません。
毎年同じものだと喜びも何となく薄れてくるかと思います。
そのようなことから考えて色々な物を贈るということに意味があるような気がします。
実家が近いので、何が欲しいとかは聞かないで遠まわしに何が欲しいかわかるとうれしく感じます。
悩むことが多いですが、あげた瞬間に開放されます。

http://organizer43.shop-pro.jp/・・・ファイロファックス(FILOFAX)というお洒落で頑丈な手帳を知っていますか?

comments

30 1月
youme11

40代になってもきれいなお肌でいたいのなら、どうしたらいいのか?

40代 基礎化粧品・・・ドクターズコスメとして口コミでも人気の基礎化粧品、ドクターシラーボ。
その中でも30代~40代におすすめのスキンケアライン、エンリッチリフトシリーズ使用者のレビューを紹介♪

まず若い時にあまり高級というか高い化粧品を使用する必要性はないと思います。

若い時は女性ホルモンに守られてるせいか若いというだけでお肌が綺麗です。

気をつける事は紫外線対策ですね、若い頃の日焼けがシミの原因になるというのはよく聞くお話です。

たとえば農家のおばあちゃんを見るとわかりますが実際のお年よりも老けて見える方が多いです。

シワが深くてシミも多いです、大きな原因はやはり日焼けだと思ってます。

それから若い時は化粧品よりも食生活に気を使ったほうがお肌のためにはいいと思います。

バランスの取れた食事をして、そこに美容効果がある食材等をプラスします。

あとは睡眠も大事ですね、昔からお肌のゴールデンタイムという時間帯があって午後10時から午前2時までの間に

お肌が活性化するみたいですよ、その時間帯をはさんでしっかり睡眠をとりましょう。

私はアラフォー後半でもうすぐアラファイブに突入します。

自慢じゃないけどお肌はきれいなほうだと思ってます。

今、述べたお話は私が実行してきたことです。

食生活が大事ですよ。

 

comments